トップページ > メンバー

メンバー

メールアドレスの(at)以下はmail.cstm.kyushu-u.ac.jpです。

スタッフ

准教授

  藤ヶ谷 剛彦 fujigaya-tcm(at)

助教

  白木 智丈 shiraki(at)

テクニカルスタッフ

  大坪 友美 t-otsubotcm(at)
  手塚 由貴代 y-tezuka(at)

研究員

学術研究員

  利光 史行 toshimitsu(at)
  楊 鈞 yangjun(at)
  中山 麗 nakayama(at)

テクニカルスタッフ(実験補助)

  柿田 有理子
  城戸 秀作 kido.shusaku.856

学生(博士課程)

D2

  黄 文シン huangwenxin(at)
  白石 智也 t.shiraishi(at)

D1

  Weerathunga don Terrence Dhammika dhammika(at)
  キム ガヨン k.gayoung@

学生(修士課程)

M2

  HAN HOON  loon72(at)
  Samindi Jayawickrama samindi@
  鬼塚 悠 h.onitsuka@
  韓 自依 kanjii@
  中島 祐樹 y.nakashima@
  大園 啓太  k.ozono@
  西村 加奈子 k.nishimura@

M1

  永井 薫子 yukiko.nagai.855(at)
  松本 昌修 masamichi.matsumoto.515(at)
  志賀 為仁 shiga.tamehito.956(at)

学生(学部4年生)

  Joy Euiji Choi y.chiyoi.875(at)
  吉原 崚
  余 博達
  新留 嘉彬
  BORAH ANGANA (G30・3年生)

卒業生

2016年度(平成28年度)卒業

  石丸 航 (修士)「単層カーボンナノチューブのカイラリティ選択的分離能を有する低分子可溶化剤の開発」
  内田 晃一朗(修士)「カーボンドットの発光波長変化技術の開拓」
  金森 亮太 (修士)「ポリマー被覆カーボンナノチューブのリチウム空気電池カソード極への利用」
  Shi Yilei (修士)「イリジウムナノ粒子担持カーボンナノチューブをベースとした新規水電解アノード電極触媒の開発」

2015年度(平成27年度)卒業

  Yang Zehui (博士・国家高水平)「
  濱ア 祐樹(博士・学振特別研究員) 「基板表面での貴金属ナノ粒子の精密合成とその分光的性能評価に関する研究」
  堤 優介(博士・学振特別研究員)「生体応用を指向したカーボンナノチューブ架橋高分子被覆法の開拓とそのサイズ制御」
  長嶋 昌代(修士)「高密度酸基ポリマーを利用した燃料電池の高活性化」
  福澤 将史(修士)「フラビン誘導体によるカーボンナノチューブの高純度精製およびカイラリティ制御に関する研究」
  黄 文シン (進学)
  白石 智也 (進学)

2014年度(平成26年度)卒業

  佐田 貴生(博士・学振特別研究員)「光・ラジオ波応答性カーボンナノチューブ材料の設計及び創製 」
  ユ ジョンテ(博士・学振特別研究員)「分子認識及びガス分離を目的としたナノカーボン複合材料のデザインと作製」
  Kim ChaeRin(博士・学振特別研究員)「Development of novel carbon nanotube/graphene-based fuel cell electrocatalysts with high performance」
  齊藤 千織(修士)「電解質の化学修飾によるアニオン型PEFC用電極触媒の開発」
  三枝 裕典(修士)「芳香族縮合系高分子を用いた高強度ポリマーフィルムの開発」
  續 明子(修士)「SWNT表面上でのSC‐DNA置換反応の熱力学的解析とその分子構造的考察」
  平田 信介(修士)「ポリベンゾイミダゾール被覆カーボンを用いた高性能電池電極材料の開拓」
  キム テミン(学士)「カーボンナノチューブを用いた近赤外光の光電変換」

2013年度(平成25年度)卒業

  井上 彩花(修士)「孤立分散カーボンナノチューブの電気化学応答」
  藤井 政徳(修士)「金ナノ粒子をマスプローブとして用いた質量分析イメージング法の開発」
  宮崎 大悟(修士) 「単層カーボンナノチューブの電子準位に溶媒が与える影響」
  森田 潤一(修士) 「ポリマー被覆カーボンナノチューブを基盤とした非白金系酸素還元反応触媒の作製とナノ空間による高活性化」

2012年度(平成24年度)卒業

  平兮 康彦  (博士・学振特別研究員)「フォトルミネッセンス分光電気化学に基づいた単層カーボンナノチューブの電子特性に関する研究」
  福丸 貴弘 (博士・学振特別研究員)「高い成形加工性を有する高機能性高分子材料開発に関する研究」
  加藤 雄一 (博士・学振特別研究員)「単層カーボンナノチューブの分離精製と分散剤との相互作用に関する研究」
  赤崎 浩二朗  (修士)「単層カーボンナノチューブのエナンチオマーを識別する高分子設計と合成」
  鶴 由貴子  (修士)「銀シェル金ナノロッドの分光特性評価」
  堤 優介 (進学)「ミセル可溶化カーボンナノチューブ表面での重合による新規複合体作製およびドラッグキャリアへの応用」
  濱崎 祐樹 (進学) 「金ナノロッドの電気化学的挙動と分光特性に関する研究」

2011年度(平成23年度)卒業

  木谷 綾花 (修士) 「銀シェル金ナノロッドの分光特性制御と応用」
  多賀 優美 (修士) 「マイクロコンタクトプリンティングによる金のナノパターン作製と評価」
  関口 正憲 (学士) 「ポリベンゾイミダゾール被覆カーボンナノチューブを素材とする燃料電池電極触媒の開発」
  佐田 貴生  (進学) 「カーボンナノチューブを素材とする細胞培養基板の作製と近赤外レーザーによる単一細胞セレクション」
  ユ ジョンテ (進学) 「カーボンナノチューブを液体クロマトグラフィーの固定相としたアフィニティースクリーニン」

2010年度(平成22年度)卒業

  内海 剛志 (修士) 「ポリベンゾイミダゾール被覆カーボンナノチューブの炭素化による新規燃料電池電極触媒の設計」
  中村 友紀 (修士) 「金ナノロッドを利用したSALDI-MSによる極微量分析」
  山本 悠喜 (修士) 「DNA/カーボンナノチューブ複合体の安定性評価と生体親和性ポリカチオンとの複合化」
  樋口 由香 (修士) 「吸収分光電気化学による単層カーボンナノチューブ電子準位決定」

2009年度(平成21年度)卒業

  堀口 諭吉 (博士) 「金ナノロッドのプラズモン共鳴を利用した光機能性複合体の開発および複合体の光反応特性に関する研究」
  家弓 尚子 (修士) 「ディップペンナノリソグラフィーを用いたカーボンナノチューブ配線の作製法の開拓」
  下田 康平 (修士) 「温度応答性金ナノロッドの合成と温度制御ナノデバイスへの応用」
  森本 達郎 (修士) 「SWNT/高分子ゲル複合体中におけるSWNT表面上での小分子の刺激応答性吸着および脱離」
  平兮 康彦  (進学) 「」
  福丸 貴弘 (進学) 「」

2008年度(平成20年度)卒業

  本夛 加菜子 (博士) 「金ナノ粒子を用いる分子レベルで制御された構造のセンシングへの応用」
  岡本 稔  (修士) 「カーボンナノチューブ/Polybenzimidazole複合体の作製と機能開発」
  奥野 嘉文 (修士) 「金コア銀シェルナノ粒子の形状制御と光学特性」
  東元 恵佑 (修士) 「異方性金ナノ粒子のバイオアプリケーション」
  若松 信雄 (修士) 「カーボンナノチューブネットワーク構造の構築と機能開拓」

2007年度(平成19年度)卒業

  中村 元気 (修士) 「可溶化剤を用いた単層カーボンナノチューブのカイラリティ分離」
  野口 悠一 (修士) 「DNA/カーボンナノチューブナノコンポジット作製と特性解明」
  平山 康平 (修士) 「レドックス反応を利用したSWNTsの電子機能制御」
  渡辺 健一 (修士) 「ナノカーボン複合体の新しい触媒機能の開発」

2006年度(平成18年度)卒業

  重田 眞宏 (修士) 「スルホン酸化ポリイミド/カーボンナノチューブ複合体の作製と機能開発」
  高森 久義 (修士) 「カーボンナノチューブの可溶化と組織構造形成に関する研究」
  豊田 昇平 (修士) 「単層カーボンナノチューブのカイラリティ識別・分離に関する研究」
  成松 香織 (修士) 「反応性基をもつアントラセンポリマーによる孤立溶解カーボンナノチューブの作製とその特性」
  原口 辰介 (修士) 「光反応を利用した新規カーボンナノチューブ/高分子複合体の開発」
  友清 亮輔 (学士) 「非イオン性ポリイミドカーボンナノチューブ可溶化剤の設計と合成」

2005年度(平成17年度)卒業

  石橋 歩  (博士) 「生体物質によるナノカーボンの機能化に関する研究」
  友成 安彦 (博士) 「多核芳香族両親媒性分子を用いたカーボンナノチューブ複合体の形成および新機能開発」

過去のポスドク(訪問研究員含む)

  石橋 歩  (博士) 「生体物質によるナノカーボンの機能化に関する研究」
  友成 安彦 (博士) 「多核芳香族両親媒性分子を用いたカーボンナノチューブ複合体の形成および新機能開発」
Copyright(C) Nakashima Group. All Rights Reserved.